2018年12月15日

You are here:  / 保育士の免許はどうやってとるの?なにに役立つの?様々な疑問にお答えします!

保育士の免許はどうやってとるの?なにに役立つの?様々な疑問にお答えします!

子供に優しい保育士のお仕事

近年、働く母親が増えていることにより、需要が高まっている保育士。いつもニコニコ笑顔で子供に接し、明るく優しいイメージの強い保育士ですが、実は子供と関わる以外にも様々なお仕事があるのです。例えば、子供が帰った後の掃除です。保育室から下駄箱、トイレ、毎日欠かさず掃除をします。そして教材の準備、行事の準備や打ち合わせ。子供と遊んでるだけなんていわれがちですが、見えない影の仕事もたくさんこなしているんですよ。

保育士の免許はどうやってとるの?

保育士になるためには保育士資格が必要になります。それではその保育士資格はどうやって取得するのでしょうか。大きく分けると2通りの取得方法があります。1つは大学、短大、専門学校などの学校に通う方法です。規定の単位を取得し卒業すると、卒業と同時に保育士資格が得られます。もう1つは通信教育です。こちらは自分のペースで進められるというメリットがあります。どちらもカリキュラムは多く、ピアノや実際に保育所での実習を行うなど、思っているよりも実はハードなんですよ。

こんなところで役に立ちます

保育士資格を取得すると、保育士資格の必要な仕事に就くことができます。保育士資格だから保育所で働くなんて思っていませんか?保育士資格があることで様々な仕事に就くことができます。例えば、託児所もあります。一般の託児所だけでなく、今は企業が従業員に向けて作った託児所も多くあるんですよ。そして、ショッピングモールなどにある子供が遊べる有料施設も保育士資格が必要だったりするのです。一度取得しておけば、結婚して子育てが一段落したあとに仕事に復帰することも可能です。自分の子育てにもきっと役にたつはずですね!

保育園の求人は今後もますます増えると予想されています。朝夕の送り迎えに集中する時間帯だけのパートや、延長時間帯のみなど様々な時間帯と働き方が選べます。