2019年9月19日

You are here:  / 自分にプラスになる転職とマイナスになる転職の違いは?

自分にプラスになる転職とマイナスになる転職の違いは?

転職することは珍しいことではない

日本が高度経済成長時代だった頃は、企業も成長が著しく、長期的に働いてくれる人材を欲していました。そのため、人材育成に関しても自社で育てていくということが中心でした。しかし、高度経済成長時代が終わり、成熟期に入っていくと、企業はその人を終身雇用する余力がなくなり、即戦力を求めるようになってきているといえるでしょう。それと同時に、ずっと同じ会社で働くのではなく自分のキャリアが途中で転職をすることは珍しくなくなっています。

自分にプラスになる転職とは?

転職には目的も形態も様々なものがありますが、転職したことが本人にとってプラスになる場合もあればマイナスになるケースもあるのが現実といえるでしょう。できればプラスになる転職をしたいものです。自分にとってプラスになる転職とは、自分がやりたいことができるという面だけでなく、自分の能力を発揮できる、自分が成長できるという点も忘れてはならないでしょう。転職先を探す場合は、そういった点を重視して探すといいでしょう。

自分にマイナスになる転職とは?

転職をしたことでかえって自分にとってマイナスだったという場合もあるかもしれません。例えば、転職をしたが前の会社にいた方がよかったと感じるのであれば、その転職はマイナスだったといえるでしょう。一概に言えない面は当然ありますが、あえて言えば、転職する時の動機が現状から逃げるというスタンスだった場合には、自分にとってマイナスの転職になる可能性があると言われています。そのため、転職を決断する場合は、自分自身で何が動機になっているのかをしっかり自己分析することも必要でしょう。

営業の転職サイトには、全国の営業マンが登録しています。凄腕の営業マンを欲している会社と、登録している人との貴重な出会いの場となっています。